「お金持ち」は日本にどれくらいいる?「ミニマリスト」から学ぶお金持ち思考とは

欲しいものを「あれもこれも」と手に入れていると、手元のお金がどんどん減っていくばかり。家の中のものが増えるだけではなく、将来への不安も蓄積されてしまうでしょう。

そこで、必要最低限のものだけで生活する「ミニマリスト」の生き方を真似てみてはいかがでしょうか。彼らの生活の中には、支出を抑えるヒントがいくつも隠されています。不要なものを買う機会を減らし、お金持ちを目指しましょう!

資産がいくらあればお金持ち?

続きを読む

まずは、目標とする「お金持ち」の定義を確認しておきましょう。どのくらいのお金を持っていれば、「富裕層」と名乗れるのでしょうか。

野村総合研究所(NRI)は「日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計」(2017年)のなかで、「富裕層」を以下のように定義しています。

超富裕層:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
富裕層:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満

これら2つの層が「富裕層」に当てはまるため、富裕層と名乗れるのは「純金融資産保有額が1億円以上の世帯」であると言えるでしょう。ちなみに、日本にいる富裕層世帯は126.7万世帯。お金持ちを目標に掲げている方は、この仲間入りを目指していくことになりますね。

なお、ここでの「純金融資産」に含まれるものは、預貯金・株式・投資信託・債権・一時払いの生命保険・年金保険など。不動産は対象外となっています。

ミニマリスト生活が金銭面に与えるメリット

ミニマリストといえば「ものを持たない暮らし」というイメージですが、減らすのは「もの」だけではありません。生活にかかるお金も極限まで削減しているのです。このような暮らしから得られる、金銭的メリットをチェックしてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。