毎月10万円貯められる人は何をやってるの? 節約とお金を増やすコツとは

みなさんは毎月いくらくらい貯金をしていますか? 貯金したくても全然貯まらないという人もいれば、毎月しっかり貯めている人もいると思います。

総務省の「家計調査報告[家計収支編] 2018年(平成30年)平均結果の概要」によると、2人以上世帯のうち勤労者世帯における月の黒字は139,811円、黒字の内訳のうち預貯金純増は102,605円と10万円を超えています(※1)。今回は月10万円貯められる人に聞いた節約してお金を増やすコツを見ていきます。

続きを読む

※1 黒字:可処分所得から消費支出を差し引いた額、預貯金純増:銀行などの金融機関への預貯金の預入額から引出額を差し引いた額

無理なく節約するための行動リスト

固定費を安く抑える

固定費は、家賃・保険料・光熱費・通信費など毎月決まってかかる費用です。固定費を減らすメリットは、一度安いサービスに乗り換えてしまえば毎月やりくりする必要はないので、比較的ストレスなく節約ができること。たとえば、スマホを大手キャリアから格安スマホに変えたり、電気料金や保険料をより安くできないか見直しをしてみましょう。

買い物をする時は即決しない

節約上手な人は買い物では予定していたもの以外買いませんし、もし欲しいものができた場合も即決はしません。どんなに衝動買いしたくても、一度クールダウンするためにお店から出て、本当に必要なのかをよく考えましょう。それでも買いたいと思った時は、他に安く購入できる方法を調べたり、似たようなものが安く購入できないかチェックしてから決めましょう。それが癖になると、自然と節約できるようになるでしょう。

ふるさと納税で節税する

自分の故郷や応援したい自治体に実質負担2,000円で寄附ができるふるさと納税。この制度で手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。また、地域の名産品などの返礼品も魅力的ですよね。ただし、控除の上限額は年収や家族構成で違ってくるので、寄附できる上限額を調べる必要があります。

メリハリ出費でストレスが少ない節約を

いくら貯金を増やしたいからといって、節約節約と切り詰める毎日では気が滅入ってしまいます。そこで、すべてを我慢するのではなく、「使うもの・使わないもの」のメリハリをつけて節約することを考えましょう。

たとえば、「平日は自炊やお弁当を作る代わりに週末1回はおいしい外食を食べる」など、頑張ったことに対して小さなご褒美があると頑張りやすいですよね。だらだらお金を使うのはいけませんが、出費をコントロールした中で好きなものにお金を使うというやり方をすればストレスも溜まりにくくなります。

お金を増やしていくときの3つのコツ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。