株を買うなら何曜日がいい? 知っておいて損はない曜日効果

copy URL

それでは火曜日はどうでしょうか。火曜日は月曜日に引きずられ、月曜日に株価が下落すれば同じ調子で火曜日も下がったままという可能性があります。その場合、火曜日はポジションを買うのには適しているという判断もあるでしょう

逆に月曜日に株高だった場合はどうでしょうか。これも同じように引きずりやすいので、火曜日はそのまま株高の可能性もあり、その場合はポジションを買うのには適していないと言えるのではないでしょうか。

水曜日木曜日は反発して株高になる可能性もある

一度下落した株価は、時間を空けてやがて反発することがあります。株は下落トレンドにせよ、上昇トレンドにせよ、ランダムな上げ下げを伴いながらも逆の方向に向かっていくこともあります。

また、よほどのパニック売りがない限り、常に何かに投資されているという方も多いのではないでしょうか。金曜日や月曜日などにポジションを売って得た資金を、上昇し始める水曜日あたりに再投資することを検討される方もいるでしょう。その場合には出来高が増える可能性が高くなります。

一方、木曜日も株価は引きずりやすいという見方もあります。その場合には、水曜日と同じような動きを期待するという向きもあるでしょう。このような前提に立った場合に、水曜日と木曜日は反発して株高になる可能性があるシナリオを念頭に入れておくのが良いのではないでしょうか。

まとめ

今回は曜日効果について見てきましたが、株価は市場や銘柄によってもそれぞれランダムに動くものなので、この通りに動かないのが株の現実でもあります。日経平均株価などは事件やニュースに影響されやすいと言われる一方、新興市場はそれほどでもないとも言われています。

また、株価は様々な影響や人の思惑が織り込まれるものなので、曜日効果だけをあまり過信するのは禁物です。とはいえ、参考として知っておいて損はないでしょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。