株を買うなら何曜日がいい? 知っておいて損はない曜日効果

株を買ってみたい! そう思ったら即実行、と言いたいところですが、ちょっと待ってください。株を取引するのに注意しておくべき曜日があると言われたら皆さんはどう感じるでしょうか? 曜日に関しては、株をやる上で少しは知っておくといい知識でもあります。以下、具体的に見ていきましょう。

「金曜日は要注意」の理由とは?

株式市場では、プロ投資家の間でも金曜日に株を買うのは気をつけないといけないと言われています。

土日は株式市場が閉まります。ということは、金曜日に株を買うと、土日を挟んで月曜日まで市場が開かないということになるのです。つまり、その間は売り買いができないということになります。

続きを読む

日本時間の土日にもし悪材料が発表されたり、世界経済が大きく動いたりすれば、ポジションはそのままで月曜日には一気に下落ということもありえます。

そのため、短期トレードをする人は土日を越えないで、金曜日のうちに売ってしまうという人もいるぐらいです。ただ、長期トレードの場合は何度も土日を越えないとならないため、心配しても仕方がないという見方もあります。

一方で、市場が動かない土日の間に好材料が出ることもあります。たとえば、週末に発表された好材料が土日に口コミで広がり、月曜日に一気に株価を押し上げる、というようなケースです。

買い、売り、どちらのポジションを持っているにせよ、短期トレードで仕掛ける場合は土日に株価が下落する材料が出てくる可能性があるので、金曜日にポジションを持つときは気を付けた方がよいでしょう。

週末は悪いニュースが出やすいので月曜日は株安になりやすい?

株の下落を引き起こすような大きなニュースは週末に開示されるという可能性もあります。企業もなるべくなら自社株の株価を下げたくないと考えています。

企業なども突発的な事故なら仕方がないとしても、コントロールできるニュースなら、なるべく週末に出したいと思うことはあるのではないでしょうか。

なぜなら、週半ばだと悪材料が出れば株価はパニックのまま乱高下を起こす可能性が高いのに対して、市場が引けたあとの週末発表は、土日を挟んでいったん投資家が冷静になり、株価の乱高下も避けることができると考えられているからです。

火曜日は意外と月曜日を引きずるのか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。