年収1000万円以上の業種とは?日本でミリオネアは何人いるのか

国税庁の『平成29年分民間給与実態統計調査結果 』によると、日本の給与所得者の平均年収は494万円です。一般的に高収入の職種というと、医者や弁護士、税理士というイメージがありますが、サラリーマンの中にも年収1000万円を超える人が約4%存在します。

どのような業種に就職することで高所得を実現できるのでしょうか。日本の富裕層と呼ばれるお金持ちの実情について見てみましょう。

年収1000万円を手にする業種とは

続きを読む

東洋経済オンライン『総合職の平均年収が高い会社ランキング300 』によると、年収1000万円以上の企業は52社あり、業種別では上位10社のうち5社が総合商社となっています。そのほか不動産業や建設業、メディア関連、大手金融、ビール・飲料など、知名度の高い大手企業が常連となっています。

年収1000万円のカギは規制産業!?

高年収の人気企業については、新卒枠も非常に厳しいはずです。そこで一定のキャリアを積んでから転職するという方法もあります。トップ企業だけでなく、規制分野の産業も検討してみましょう。

規制産業とはインフラや金融、通信、医療など、事業推進に免許が必要であったり、行政監督が厳しい等の特徴をもっていたりする業種を指しています。国税庁の「平成29年分民間給与実態統計調査」によると、業種別の平均給与が高い順に規制産業が上位を占めています。

電気・ガス・熱供給・水道業…747万円
金融業・保険業…615万円
情報通信業…599万円

これらの企業には関連会社も数多くありますので、転職の可能性も広がります。中途採用の給与について新卒入社組とは別体系という企業も多いため採用情報の精査が必要ですが、社会人経験者枠で能力を活かせる可能性も考えてみましょう。

憧れの「ミリオネア」は日本にどのくらいいる?

高い収入を得たい、お金に余裕のある生活を送りたい、と誰もが願うと思います。いわゆる富裕層の人たちに関する情報を見てみましょう。

富裕層の定義とは

野村総合研究所では「富裕層」などを以下のように定義しています。この定義によると「富裕層」とは、金融資産が1億円以上の層を指していることが分かります。
超富裕層     :世帯の純金融資産保有額が5億円以上
富裕層       :世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
準富裕層     :世帯の純金融資産保有額が5,000万円以上1億円未満
アッパーマス層 :世帯の純金融資産保有額が3,000万円以上5,000万円未満
マス層        :世帯の純金融資産保有額が3,000万円未満

純金融資産とは預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険などを指しており、不動産は含まれません。そのため、不動産の資産価値を加味した場合には、富裕層に属する世帯数はこのデータよりもかなり増えると見込まれます。

日本の「富裕層」の割合は?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。