年収1000万円を投げうって手に入れた田舎暮らし~ブルーベリー農園オーナーへの道

人生初のチェーンソー vs. 最新型草刈り機

:「土地を借りてからは、目の前にあるジャングルのような耕作放棄地を、ひたすら開墾です。人生初のチェーンソーで木も切りました。すごく重いけど、スパッと軽々切れるんですね。全然知りませんでしたよ。チェーンソーエピソードのほかには、墓石か灯篭のようなものが出てきたり、今年の5月には毛虫に刺されて全身真っ赤になったり…いろいろあります。

悔しかったのは、普通の草刈り機を使って2ヵ月かかっていた作業を、最新型草刈り機が半日で3~4倍の面積を終わらせたことです。あの2ヵ月間は、一体何だったんだろう?って。まだまだ、知らないことだらけです。夫も私と同じ農業初心者のはずなのに、前職でエンジニアをやっていた関係か、情報を調べるのが得意で、最新型草刈り機みたいなのを見つけるのが得意なんですよ」

開墾した土地の一部(資料提供:ブルーベリーヒル淡路)

補助金制度や助成制度は?

雅行氏:「もらってないですね。役所の方にアドバイスをいただいて補助金の申請はしているんですが、補助金がおりるかどうかは、いまはわからない状態です。ただ、土地を探すときに兵庫県のみどり公社という公的機関を通しているので、そういう意味では、これも助成制度にあたるのかな?と思っています」

補助金があったほうが有難いのでは?

雅行氏:「確かに、現在は貯蓄を切り崩しての生活なので、補助金があれば嬉しいです。それに、探せばもっと制度が手厚い市区町村もたくさんあると思います。でも、補助金や助成制度については手厚さを求めるのではなく、自分のやりたいことができる場所と、自分のやりたいことに合った制度のある移住先を選ぶのがいいのかな?と、私自身は思っています」

今までにかかった費用は?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

3人の子ども(21歳・17歳・8歳)のシングルママ。
現在は、主にライター業務を中心に、接客改善業務にも携わりつつ日本全国を徘徊中。
接客改善業務の経験や金融会社での勤務経験、過去の波乱万丈な経験なども交えつつ、読者の暮らしに役立つリアルな情報提供を心がけている。
コミュニケーションに関する記事のほか、レジャーや旅、暮らしや妊活、ママ向け記事やインタビュー、経営者向けの記事、食の資格を生かした記事など幅広く執筆中。