「世帯別平均貯蓄1,752万円」のカラクリと世代間格差

答えはノーです。正解は高齢者です。2人以上の世帯について世帯主の年齢階級別に1世帯当たり貯蓄現在高を見ると、40歳未満の世帯が600万円となっているのに対し、60~69歳の世帯では2,327万円、70歳以上の世帯が2,249万円となっています。

調査では、1世帯あたりの負債額の状況も調べています。負債現在高を見ると、40歳未満の世帯が1,248万円と最も多くなっています。負債のほとんどは住宅・土地のローンです。

40歳未満の世帯では負債と貯蓄の差額は大幅なマイナスですが、70歳以上の世帯では負債はほとんどありません。世代間に格差があることがここでも示されています。

拡大する

出所:総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成30年(2018年)平均結果速報-(二人以上の世帯)」

上山 光一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

金融・ビジネス分野のテーマを得意とする。ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)保有。