老後に向けた貯蓄の目安は何千万円あれば安心?

定年後の人生について、普段はどのくらい考えていますか?「年金があるから大丈夫」「退職金でなんとかなる」と捉えていると、老後の生活水準が一気に下がってしまう可能性もあります。

今と同じような生活を送るためにも、老後の貯蓄はしっかりと備えておきましょう!

老後に向けた貯蓄の目安は何千万?

では、老後の貯蓄の目安はどのくらいなのでしょうか。生命保険文化センターの『平成28年度「生活保障に関する調査」』(平成28年12月発行)によると、「老後の最低日常生活費」は「20~25万円未満」と答えている人が最も多い結果となりました。割合にすると全体の31.5%と、約3分の1を占めています。

続きを読む

また、平均額は22万円という結果になりました。平成16年の24.2万円をピークに、減少傾向が続いています。

ただし、これはあくまでも「老後の最低日常生活費」として計算したもの。同じ調査による「老後の最低日常生活費」に加えて必要な、「経済的にゆとりのある老後生活を送るための費用」も見てみましょう。

調査の中で最も多かったのは「10~15万円未満」で、全体の34.9%という結果でした。全体の平均額は12.8万円と、平成3年の15.5万円をピークに減少傾向です。

これらの結果を踏まえると、「老後の最低日常生活費」の平均額である22万円に加え、ゆとりある生活のための平均額12.8万円が老後の貯蓄の目安と考えておくといいでしょう。

いくらあれば安心?

次に、安心して老後を迎えるには、いくら備えておくべきなのかを把握しておきましょう。用いるのは、総務省の「家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)」で公開された、年齢層別の消費支出のデータです。

二人以上世帯の消費支出は、60~69歳が約29万円、70歳以上が約23万円。この数字から、
「定年退職が60歳、平均消費支出の水準で80歳まで生活した場合」を計算すると、以下の通りとなります。

29万円×12か月×10年 + 23万×12ヶ月×11年=6516万円

この結果から、80歳に6500万円以上が必要であることが分かります。この金額を見ると、「年金収入だけでは厳しい」「退職金を考慮しても足りない」という世帯も多いのではないでしょうか。

この数字は、あくまでも平均消費支出や平均寿命を基準にしたもの。「老後は趣味や旅行を満喫したい」「平均寿命より長生きした」という場合、必要な貯蓄額はさらにアップすることを踏まえておきましょう。

老後に貯蓄を失わないために

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。