早稲田大学からグーグルやゴールドマンに入社できた凄い学部とは

Engel Ching/Shutterstock.com

早稲田大学が開示している資料を見ると、2017年度については、学部卒でグーグルに4人、ゴールドマン・サックス証券に5人が入社をしています。

では、それぞれ、どの学部なのでしょうか。

グーグル

グーグルへは、学部卒として、政治経済学部から1人、社会科学部から1人、国際教養学部から2人の合計4人が就職をしています。

また、学部ではないですが、国際コミュニケーション研究科からもグーグルへ1人が就職をしています。

ゴールドマン・サックス

ゴールドマン・サックスへは、学部卒として、政治経済学部から4人、国際教養学部から1人の合計5人が就職をしています。

また、学部ではないですが、基幹理工学研究科からも1人がゴールドマン・サックスへ就職をしています。

まとめにかえて

就職活動というと、メガバンクや総合商社、また外資系コンサルティング企業の注目度が集まりますが、ひとたび社会人経験や転職活動をすると、企業を見る目、評価基準なども学生時代とは異なってくるという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

こうした観点からすると、同大学の学部を経てこれらの就職先で勤務するということは、大人数が就職する就職先とは別軸の評価をされてもよいのではないでしょうか。

【参考文献】

早稲田大学「2017年度 早稲田大学進路状況」

【PR】5年間で勝率は7割越え!!!日本株の銘柄選択はLongine(ロンジン)で

個人投資家向け金融経済メディアLongine(ロンジン)では、月額1080円で機関投資家などで実績を積んだプロアナリストの推奨銘柄を購読いただけます(個別記事は216円)。個別銘柄にこだわりたい方は是非ご利用ください。

>> Longineのご購読お申込みはこちら

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。