「1億円説」は本当?今すぐ実践できる老後の備えとは

「老後生活には1億円が必要」と耳にしたことはありませんか?かなりインパクトがある数字ですが、この「1億円説」は本当なのでしょうか。

そこで今回は、老後における収入と支出を調査しました。今からでも始められる老後への備えも、あわせてご紹介します!

老後に得られる収入

まずは、老後の収入を考えましょう。2018年12月に厚生労働省が公表した「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」では、平成29年度末の厚生年金保険(第1号)の平均年金月額は14万7051円。国民年金の平均年金月額は5万5615円となっています。

続きを読む

仮に夫が定年まで会社員として働き、妻はずっと専業主婦だった世帯は、先ほど見た年金額の合計20万2666円が1カ月あたりの年金収入となります。ただし、就業状況や夫婦の年齢差などにより、支給額が上下する可能性があります。

1カ月で約20万円の年金収入ということは、年間の世帯収入20万円×12ヶ月=240万円。
この支給額を20年間に渡って受け取った場合、240万円×20年=4800万円。30年であれば、240万円×30年=7200万円を得ることになります。

なお、共働きで妻も厚生年金を受け取る世帯は、年金収入がより多くなる可能性が高いです。また、定年退職後も仕事を続ける場合は、すぐに年金に頼らないというケースも考えられます。これらを踏まえると、老後に得られる収入は決して少なくありません。

老後に発生する支出

次に、老後の支出について見ていきましょう。厚生労働省が発表した「平成28年老齢年金受給者実態調査」では、「夫の年齢階級別・世帯の支出額階級(月額)別 構成割合(夫婦世帯)」をベースに考えます。

調査の結果、60-64歳の月額の世帯支出額は「27.5万円」、65歳以上は「24.4万円」。年齢が高くなるに連れ、世帯支出額が減少する傾向にあります。

仮に65歳で定年退職をし、その世帯支出額が継続した場合、年間の支出額は24.4万円×12ヶ月=292.8万円。年間で約300万円の支出と計算できます。

ただし、これはあくまでも平均支出額をベースにしたもの。生命保険文化センターの「平成28年度 生活保障に関する調査」によると、「ゆとりある老後生活費」は月額34.9万円とされています。

平均支出額の24.4万円と比べると、約10万円の差があります。ゆとりある老後生活費の年間支出額は、34.9万円×12ヶ月=418.8万円。約420万円とすると、年数に応じた支出額は以下のようになります。

20年間:420万円×20年= 8400万円
25年間:420万円×25年= 1億500万円
30年間:420万円×30年= 1億2600万円

ここにきて、「1億円」という数字が登場しました。各家庭の生活水準はさまざまですが、「ゆとりのある老後生活費」を継続する場合、1億円が必要なケースも考えられます。

今から始められる老後の備え

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。