100万円を貯める3ステップ~貯金初心者さんは必見!

100万円あればマイホーム購入時の頭金にしたり、将来の子どもの教育費に充てたりと、いざという時に備えておくことができますよね。

今回は、本格的に貯金に取り組んだことがない初心者さんでも始めやすい、3ステップ式の貯金方法をご紹介します。1つずつ順番に進めていき、貯金の基礎的な流れを掴みましょう。

みんなどれくらいお金を貯めているの?

総務省統計局が2018年5月に発表した「家計調査報告[貯蓄・負債編]平成29年(2017年)平均結果の概要(二人以上の世帯)」によると、1世帯あたりの貯蓄現在高(平均値)は1812万円となっています。これだけを見ると額の多さに驚くかもしれません。

続きを読む

また平均値は、一部のお金を持っている人が引き上げているため、なかなか実態を把握できません。そこで中央値を確認してみましょう。中央値とは、数字を大きい(小さい)順に並べた時に真ん中にくる数字のことです。ここでは1074万円となっています。やはり1000万円以上と、高額に感じます。

さらに年代別に見ていきましょう。40歳未満の貯蓄現在高の平均は602万円、40代は1074万円、50代は1699万円、60代は2382万円、70代以上は2385万円となっています。40代までは住宅ローンなどを組んでいる世帯が多いのか、負債現在高の平均は1000万円を超えています。

この数値を参考に大まかな目標を定めて、まずは100万円の貯金に挑戦してみましょう。

なお、この調査における「貯蓄」には、預貯金だけではなく、有価証券、生命保険や個人年金なども含まれています。

ステップ1 貯金のスケジュールを立てる

貯金がスムーズにできるかどうかは、「計画性があるか」で左右されます。まずは貯金を「いつ・どのタイミング」までに「いくら」貯めたいかを設定しておきましょう。

「35歳まで」「子どもが高校に入学するまで」といった明確な時期を定めるのがポイントです。今回のテーマである100万円を貯めるなら、どのくらいの期間を設定すれば無理がないかをイメージしながら考えましょう。

特に注意しておきたいのは、「老後の資金を貯める」ケース。「老後の生活に困らない程度」といったようなアバウトな目標では、自分に合った金額を貯めることができません。「定年は何歳なのか」「老後はどのように暮らすのか」と掘り下げていきましょう。

ステップ2 家計簿を分析する

普段、家計簿をつけているだけで満足していませんか。ただ家計簿をつけるだけで終わっていては、ほとんど意味がありません。毎日の支出を記入するだけではなく、1週間ごとに振り返る習慣をつけましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。