お金が貯まらない人に知ってほしい、3つの簡単な貯金方法

なかなかお金が貯まらない。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。しかし日頃の行動を少し変えるだけで、お金は貯まりやすくなります。そこで今回は、お金を貯めやすくするためにできる、3つの簡単な方法をご紹介します。まずはできるところからお試しください。

みんなどれくらい貯金しているのか

平成28年 国民生活基礎調査の概況」によると、1世帯当たり平均貯蓄額は1031万5000円となっています。年代別では20代が154万8000円、30代が403万6000円、40代が652万円、50代が1049万6000円、60代が1337万6000円、70代以上が1260万円となっています。

続きを読む

いかがでしょうか。思ったよりもみんな貯金しているな・・・という印象を持つ方が多いのではないでしょうか。平均値は極端な値が影響を与える場合があるため、実態より多いと感じる値となりますが目安にはなるでしょう。なお、「貯蓄がない」世帯は、全世帯の15%存在しています。

以下では、今日からでもできる簡単な貯金方法を3つ紹介します。

1. 週はじめに財布に入れる金額を決める

財布にお金があると安心感からついつい無駄遣いしてしまう、そんな経験は誰しもあるものです。

週はじめに財布の中に入れる金額を決めることで、1週間を決められた金額でやり繰りする習慣が自然と身に付きます。使い過ぎも直感的に分かるため、週ベースでどうやってカバーするか、と自然に考えるようになります。

急用でお金が必要になった時のために、封筒に別途お金を入れておいたりクレジットカードを所持することで、不安感もなくなります。

2. レシートを保管し週1回ノートに貼り付けて集計する

家計が赤字の方は、自分が何にお金を使っているか把握できていない傾向にあります。まずは家計の見える化から始めてはいかがでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。