お金がない! 貯金がない! 今すぐ始められる貯金を増やす3つの方法

いつも新しい服を着ている同僚や、素敵なバッグを持った友人を見て「お金がないのは自分だけなのかな…?」と悩んでしまうことはありませんか? 実は、貯蓄がまったくないという方は意外にいるものなのです。

金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)による「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2017年)によると、「金融資産の有無」について「銀行等の預金口座、または証券会社等の口座に残高がない」と回答した世帯は14.1%となっています。

続きを読む

この数字は、「口座は保有しているが、現在残高はない」もしくは「口座を保有していない」と回答した世帯の合計ですが、いわば貯蓄ゼロという世帯が14%というのは、予想以上に多いと感じられるのではないでしょうか?

では、残高ゼロではなくても貯蓄額が少なく、もう少しお金を貯めたい、余裕を持ちたい!と思った場合はどうすればよいのでしょうか。

注:ここで言う「貯蓄」には、預貯金以外の生命保険及び積立型損害保険の掛金、株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券も含まれています。

自分の収入と支出を把握する

お金が貯まらない、と悩んでいる方に多いのが、自分の収入と支出をきちんと把握していないということです。特に支出は、気づくとお金が足りなくなっている、というようにほとんど把握していない方も多いものです。まずは自分の支出を把握し、何にいくらくらい使っているのかを見直しましょう。

支出を把握するといっても、毎日家計簿をつけるのは忙しくて無理!という方は、スマホアプリを使うのもおすすめです。レシートをカメラで読み取るだけで入力ができたり、登録した電子マネーの使用履歴が自動でアップされるなど、手軽に家計の把握ができます。無料で利用できるアプリもあるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

余分な支出を招く生活習慣を見直す

お財布に入っていたお金をあまり使った覚えはないのに、いつの間にか減ってしまっている…。そんな方は「つい」「ちょっとだけなら」とお金を使っている場合があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。