40歳未満の負債額が増えている! 世代別「貯蓄の平均額」を総ざらい

教育費のかかる子育て世代や、住宅ローンも完済し比較的余裕のあるシニア年代など、年代によって貯蓄額もさまざま。「同世代の人たちは、どのくらい貯蓄があるの?」「10年後のビジョンを知りたい」という方にとって、世代別の平均貯蓄額は重要なデータですよね。そこで、総務省が調査した結果を集めてみました。

世代が高まるにつれ、貯蓄額もアップ

総務省(統計局)が2018年5月に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」で明らかになった、2017年の世代別の貯蓄現在高の平均はご覧の通りです。なお、この調査の対象となるのは2人以上世帯であるため、1人暮らしの世帯は含まれていません。

続きを読む

40歳未満:602万円
40歳代:1074万円
50歳代:1699万円
60歳代:2382万円
70歳以上:2385万円

全体の平均は1812万円ですが、世代別にみるとかなり違いがあることが分かります。40歳未満の602万円に比べ、70歳以上は2385万円と、1700万円以上もの差が発生しています。世代が高くなるにつれて、平均額も高まっていく傾向にあります。

「年齢を重ねるにつれ、収入も多くなる」という背景が関係している可能性がありますが、徐々にその流れも変化しつつあります。「年齢が高い=収入が高い」とは言い切れない時代になるにつれ、この結果も変異していくかもしれませんね。

なお、「貯蓄」には、預貯金だけではなく、生命保険や積立型損害保険の掛金、株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券、社内預金や勤務先共済組合などのへの貯蓄も含まれています。

実感と異なる理由は?

先ほどの結果を見て、「我が家の貯蓄額より高い」と焦りを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。「本当にそんなに高いの?」と感じさせる要因は、この結果が「平均値」である点に隠されています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。