”年収で家事育児分担を決める”問題、そもそも男女は平等なのか?

大事なのは「労わり合い、協力すること」

「年収によって家事育児の分担を分ける」という考え方がありますよね。一見わかりやすく、合理的なようですが、無理な部分も出てこないでしょうか。

なぜ年収と家事育児は簡単に結び付けられるものではないのか、具体的に物理面と精神面から見てみましょう。

まず「男女不平等」について考える

現代では何でも「男女平等」が叫ばれます。仕事をしたい派の筆者も、男女平等である現代に生まれてよかったと思っています。

ただ、何でも「男女平等」としていると、無理が出てくるのもたしかです。なぜなら男女は、本来平等には作られていません。

続きを読む

そもそも全てが男女平等であったら、性差はなくなってしまうでしょう。これは「どっちが上で、どっちが下か」という意味ではなく、自然に作られた「ただの違い」なのです。

そして「男女平等」を考えるときには、まず「男女不平等」について、先に議論する必要があるのではないでしょうか。

妊娠、出産、乳児期育児は「男女不平等」

特に男女不平等といえるのが、「妊娠・出産」でしょう。仕事・家事・幼児期以降の育児は男女ともに行えますが、「妊娠・出産」ばかりは女性が担う必要があります。

赤ちゃんが泣いても目が覚めないという男性も多く、母乳による授乳も考える場合、多くの場合は「乳児期の育児」も女性の方が向いていると言えるでしょう。

このように妊娠~乳児期までは、女性が産休や育休をとる必要性があり、その後時短勤務を選ぶ女性も少なくありません。

逆に考えると、男性が休まずに仕事をでき、女性よりも年収が高いケースが多いのは、女性が妊娠〜乳児期育児を担い、休みをとることも関係するでしょう。

また、男性は妻が子どもを見てくれれば仕事ができますが、女性は多くの場合、子どもを他人に預けてお金を出さなければ仕事をすることができません。こういった「違い」があることを、まずは前提とするべきでしょう。

仕事と家事育児は、全くの別物

「仕事と家事育児の違い」についても、考えておく必要があります。

家事育児は無償ですし、誰かに認められるということもなければ、評価もありません。乳幼児育児は24時間営業ですし、土日休みや長期休暇、有給もとれず、365日終わりなくやるものです。

目に見えない仕事が多いのも、家事育児の特徴です。たとえばトイレットペーパーを変える、洗剤の補充をする、学校や園の対応、書類の提出、習い事や病院の送迎など。女性が主にやっているこうしたことは「家事育児にカウントされない」場合が少なくありません。

また、仕事の疲れやストレス自体も、比較できるものではありません。拘束時間も、仕事内容も、置かれている立場も皆それぞれです。「夫婦どっちの方が大変か」とは一概には言えませんし、始めからそこの議論をする必要はないのかもしれません。

夫婦間で競争意識が高まってしまう

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科を卒業後、野村證券を経て2011年よりライターへ。
主な執筆分野は育児、教育、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。
子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みを伝えるべく執筆中。禅好きの3児の母。