離婚動機のダントツ1位「性格の不一致」はなぜ起こる? 垣間見える男女の温度差

喜びは倍に、悲しみは半分に。健康なときも病気のときも寄り添って。結婚する時にそう誓った2人の心がすれ違い、一緒にいることが苦痛になってしまった時、「離婚」という選択肢が浮かび上がってくるのではないでしょうか。

では、夫婦はどんな動機によって離婚を選択しているのでしょうか? 現時点で最新の司法統計(平成29年度 婚姻関係事件数)を参考にしながらお伝えします。

妻からの「精神的虐待」が離婚動機の2位に…

まずは、夫側からの離婚申し立ての動機をご紹介します。

続きを読む

【夫からの申し立て】

1位:性格が合わない
2位:精神的に虐待する
3位:その他
4位:異性関係
5位:家族親族と折り合いが悪い

性格の不一致に続いたのは、妻からの精神的な虐待。精神的な虐待の定義はちょっとわかりづらいかもしれませんが、以下のような行為が夫婦間の精神的な暴力として想定されます※。

  • 大声でどなる
  • 実家や友人とつきあうのを制限したり、電話や手紙を細かくチェックしたりする
  • 何を言っても無視して口をきかない
  • 人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする
  • 大切にしているものをこわしたり、捨てたりする
  • 子どもに危害を加えるといっておどす

※内閣府男女共同参画局HP『ドメスティック・バイオレンス(DV)とは)』より一部抜粋

また、異性関係や、家族との折り合いの悪さも大きな離婚原因となっていました。6位以降は「(妻の)浪費」や「性的不調和」が続いています。

妻の申し立て件数は夫の2.67倍!「性格の不一致」に続く理由は…

続いて、妻側の離婚動機についてご紹介します。平成29年度の妻からの離婚の申し立て件数は4万7,807件で、夫側の1万7,918件の2.67倍です。妻から離婚を望んで家庭裁判に持ち込む件数の方が多くなっています。

【妻からの申し立て】

1位:性格が合わない
2位:生活費を渡さない
3位:精神的に虐待する
4位:暴力をふるう
5位:異性関係

夫と同様に「性格が合わない」が1位。2位以降は、生活費を渡さない「経済的DV」や精神的虐待、肉体的暴力など、家庭内暴力の要素を含んだ原因が多くなっています。

6位以降は「浪費する」「性的不調和」「家庭を捨てて省みない」といった理由が続いています。

「性格が合わない」という感覚はなぜ引き起こされる?

参考記事

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向などに関心がある。