貯蓄は目安でいくらあれば安心か

貯蓄の目安を年収対比で考える

全世代の平均値は1565万円となっています。先に見た50代の平均値が1592万円でしたから、全世代の平均値は50代に近いと言えます。

もっとも、先にも指摘したように平均値を算出する際、極端に大きな値が含まれているとその値に平均値が引きずられることがあります。

そうしたことを避けるために、中央値を見ることがあります。中央値とは、データを大きい(もしくは小さい)順番に並べて、ちょうど真ん中に位置するデータが中央値です。

その中央値は、920万円となっています。

貯蓄はどの程度を目安に保有しておくべきか

貯蓄はどの程度の金額を保有しておけばよいのでしょうか。目安はあるのでしょうか。

一つの目安として、年間収入(いわゆる年収)に対してどの程度の貯蓄があるかを見るものです。

先ほどのデータをもとに見ていきましょう。貯蓄高を年間収入で割ってみましょう。繰り返しになりますが、ここでの数値は、二人以上の世帯の1世帯当たりの貯蓄高と年間収入を使用しています。また、以下の比率は貯蓄高を年間収入で割ったものです。

  • 30歳未満:76%
  • 30歳代:99%
  • 40歳代:127%
  • 50歳代:188%
  • 60歳代:352%
  • 70歳以上:448%

30歳代で年収と同程度の貯蓄高、40歳代で年収の約130%が貯蓄として保有していることになります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。