30代の貯蓄額の平均と中央値はいくらか

30代で老後資金を意識して貯蓄ができるか

Monkey Business Images/Shutterstock.com

30代の平均の貯蓄額と中央値はどのくらいなのでしょうか。今回は知るぽると(金融広報中央委員会)「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成29年)」を参考に、30代の貯蓄の実態を把握していきたいと思います。

30代の平均貯蓄額と中央値とは

30代の金融資産はどの程度あるのでしょうか。

30代といえば、ビジネスパーソンとしても活躍する人が出てくる世代ですが、一方で結婚後、子育て世代に入っている世帯もあることでしょう。

続きを読む

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成29年)によると、30代の金融資産保有額(金融資産保有世帯)の平均は735万円、中央値が 420万円です。

この数値を見て「え、みんなそんなに持っているの?すごいなぁ」と思う方も多いのではないでしょうか。

この調査結果は対象が「金融資産保有世帯」と、すでに金融資産を持っている世帯に限定した数値となっています。したがって、金融資産を保有していない世帯は含まれていない平均値であり、中央値となっています。

では、金融資産を保有していない世帯を含む30代の金融資産保有額はいくらになっているのでしょうか。

30代の金融資産を保有しない世帯を含む金融資産保有額は、平均が470万円、中央値が 200万円となっています。先ほど見たそれぞれ735万円、中央値の420万円とは大きく差があります。

こうみると、30代の方で先ほどの数字を見て、「えっ、そんなにみんな資産を持っているの?」と驚かれた方もほっと胸をなでおろしているのではないでしょうか。

30代からの資産形成はどうすればよいか

ここまで、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成29年)」を参考に、30代の貯蓄の実態をみてきました。ここからは、30代がどう貯蓄をしていけばよいかを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。