仕事と妊娠について考えよう。働く妊婦さんのための情報をまとめてみました

妊娠したら仕事はいつまで?貰えるお金はいくらなの?

Dean Drobot/Shutterstock.com

働く妊婦さんには不安がいっぱい。初めての妊娠ならなおさらでしょう。妊娠したら仕事はいつまでできる?国や会社から貰えるお金はいくら?など、気になるあれこれをまとめてみました。

産休の仕組みって?産休期間や貰えるお金は?

そもそも産休の仕組ってどんなものなのかをご存知でしょうか。ご自身やご家族がいざその状況にならないと意外と知らないのが産休の仕組みでしょう。

出産育児一時金というものが貰えると聞いたことがあるけれど、どこに申請すれば良いの?その時に仕事は辞めていても大丈夫?(誰でも受給できる?)など、お仕事をしばらくお休みするかもしれない状況では、お金のことはとても重要な問題です。あなたは大丈夫ですか?

今すでに働く妊婦さんの方、または、妊娠しても仕事を継続したいと考えている方は是非一度チェックしてみてください。

続きを読む

妊娠したら仕事は続ける?辞める?つわりの時期の乗り越え方は

働く女性の妊娠がわかった時、まず頭をよぎるのは「仕事をどうするか」ということではないでしょうか。あらかじめ「子供を産んでも絶対続ける!」「子供が産まれたら辞める」など、具体的に方向を定めている人も、体調や状況によって、予定を変更せざるを得ないこともあるかもしれません。

仕事をしている方が妊娠を職場へ伝えるタイミングや、退職するとしたら辞める時期、辛いつわり期の乗り切り方など、働く妊婦さんが気になるポイントなどもチェックしておきましょう。

育休の仕組みもチェックしておこう

育児休業を取得するためにはどうすればよいのでしょうか?育児休業給付金とはどういうもので、誰から支払われるものなのでしょうか?妊娠・出産後も仕事を継続したい妊婦さんは、産休と同時に育休についても検討しておくのがよいでしょう。

昨今の法改正に伴い、最近では男性も積極的に育児に参加するために育休を取得するケースが増えてきています。共働きのご家庭の場合は、旦那様の育休取得も視野に入れながら、あなたのご家庭での最善の方法は何なのかを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめにかえて

働く女性にとっての妊娠・出産は、大きな喜びであるはもちろんなのですが、自分でコントロールできない体の変化に不安が多くなる時期でもあります。そんな働く妊婦さんですが「どのタイミングで上司に相談したら良いのか」「どんな風に職場の人に伝えれば良いのか」「復帰を視野に入れた時はどうすれば」…などなど。実は片づけなくてはいけないタスクも色々あります。効率よく準備を進められるよう、やるべきことを早めに整理して、体の調子に合わせて無理なく進められるようにしておきましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。