貯蓄の第一歩である「貯金箱」は英語で何というのか

Billion Photos/Shutterstock.com

これから資産を形成しようという人にとって「貯金」はすべての第一歩。まさに「実りある貯蓄の道の第一歩は貯金から」ともいえるでしょう。今回はその貯金をためる「貯金箱」を英語でどのように言うのか、また貯蓄の中で貯金をどうとらえばよいのかを見ていきましょう。

貯金箱の英語は豚を意識する/しないで分かれる

一般的に貯金箱を英語で表現しようとすると以下の3つです。

  • a savings box
  • a money box
  • a piggy bank

はじめの2つはそのままの意味ですが、3番目の"a piggy bank"はまさに「豚の貯金箱」です。

続きを読む

なぜ豚なのでしょうか。

貯金箱はなぜ豚の姿をしているのか

貯金箱が豚なのは諸説あるそうです。

  • 豚が縁起物の動物だから(一度に子供たくさん産むところをとらえて「あずけたお金が増える」というイメージ)
  • 豚は有用性の象徴だから(食べるところで捨てるところがない)
  • 「陶器」と「豚」の発音が似ており、貯金箱づくりの職人が聞き間違えたから

いずれの説も納得感がありますが、皆さんはどうお考えでしょうか。

「貯金」から「貯蓄」へが資産形成の次ステップ

みなさん、「貯金」と「貯蓄」を同じようなものだとお考えではないでしょうか。実際は大きく異なります。

「貯蓄」に「貯金」を含みますが同時にいわゆる有価証券などの投資も含みます。「預貯金」はリスク資産ではありませんが、有価証券投資にはリスクが伴います。

したがって、大きく資産を増やそうとすれば、リスクとの上手な付き合い方がつのポイントとなります。

参考記事:「お金の見方が変わる!知っておきたい「貯金」と「貯蓄」の違い」

青山 諭志

参考記事

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。