タカラトミーと日清食品、ともに50周年を迎える「人生ゲーム」と「出前一丁」でコラボ

玩具大手のタカラトミー(7867)は、2018年に同社の代表製品である盤ゲーム「人生ゲーム」が50周年を迎えるにあたり、記念商品の発売や大型イベント、様々な異業種コラボレーションの実施、地域・行政との取組みを行っていく予定であると発表した。

ちなみに、人生ゲームは「人生山あり谷あり~」のコピーで始まるテレビコマーシャルと共に、高度経済成長期の1968年に発売され、これまで60作品を販売。販売累計はシリーズ合計で1,400万個以上となる。

続きを読む

また、この数字に人生ゲームに封入されているお金を掛け合わせると、およそ日本の年間国家予算の126倍に相当する金額になるということだ。

今回の50周年キャンペーンの第一弾は、同社と同様に来年50周年を迎えるロングセラー商品、「出前一丁」を持つ日清食品とともに行う「出前一丁×人生ゲーム コラボキャンペーン」 である。

日清食品は12月下旬に、出前坊やがラーメンの道を究めていくというオリジナルの「出前坊やの出前人生ゲーム」が封入されているキャンペーン限定パッケージの「出前一丁 5食パック」を発売する。

ゲーム盤はもちろん、お札やコマ、お宝カードなど、ゲームで使用するためのキット一式が含まれているほか、パッケージにあるルーレットのイラストを切り取って厚紙に貼り、中心につまようじなどを差し込めば即席ルーレットが完成する。

また、ゲーム盤に記載されている URLからキャンペーン特設ページにアクセスすると、「出前一丁人生ゲーム 出前一丁目ステージ」のゲーム盤がダウンロード可能。プリンターで印刷すれば、「人生ゲーム(2016年バージョン)」につなげて遊ぶこともできる。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。