若者は入社した人気の大企業をなぜ3年で辞めていったのか

「もともと企画畑が長く、スキルを伸ばそうと企業派遣での大学院受験を希望していました。ところが『若いうちに現場に出ないと将来役に立たなくなるから』という理由で応募を認めてもらえなかったんです。なのに結局のところ異動先はまた管理部門。キャリアとは何の関係もないじゃないか、と思いましたね」

それ以前にも玉突き人事を経験していたというC氏はこれを機に「つくづく会社の都合に振り回されるのが嫌になった」といいます。30歳を機に退職し、現在はベンチャー企業に勤めています。

「自分がやるしかないプレッシャーで身震いする日もありますが、やりがいはありますね。でも、なんだかんだ言ってアットホームで雰囲気はよかったですし、対人コミュニケーションの基本や仕事との向き合い方を教えてくれたのは、やはり新卒で入社した会社の先輩や同僚だと思っているんです。その点は本当に感謝していますよ」

まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。3年で退職というと「職場に合わない」など後ろ向きな理由の人が多いように思われがちですが、前向きな理由で辞める人も思いのほか多そうです。中には「3年もいればもう十分」という人もいますが、皆さんはいかが思われますか。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。