イマドキのわが子の金銭感覚に親が脅威を感じる意外な理由

お金は「スマホから湧いて出てくる」!?

(写真提供:FINOLAB)

8月21日、東京・大手町で一風変わった子供向けの「経営体験イベント」が行われました。

これは、日本初のFinTechラボであるFINOLAB(フィノラボ)協力のもと、一般社団法人子供教育創造機構 キンダリーインターナショナルが開催したものです。

テーマは「みんなが大好きな駄菓子屋!」。本物の現金を使い、資金調達、商品の仕入れ、値付け、販売という駄菓子屋さんの「経営体験」をする中で、大人がやっている仕事やお金、社会について学ぶという内容です。参加した約15人の子供たちは3つのチームに分かれ、FINOLABのエントランスに設けられたスペースで駄菓子屋の売り子として、訪れる大人たちに実際に駄菓子を販売しました。

続きを読む

ところで、このイベントに子供を参加させた親たちにその理由を聞くと、イマドキの子供ならではの金銭感覚に不安を覚えたから、といった話も聞こえてきます。

「働く意味って?」「お金はどこから?」を、駄菓子を売って考える

今回このイベントに協力したFINOLABによると、そもそもこのイベントには2つの狙いがあったといいます。1つは「日本の金融教育の遅れに対するフォロー」、そしてもう1つは「働く意味を学ぶこと」。特に共働き家庭をイメージして企画をしたといいます。

FINOLAB担当者は「たとえば共働き家庭の子供の場合、日常では両親が働きに出ていて不在ということが多いと思います。そこから『仕事とは何か』『どうやってお金を得ているのか』といったことを子供自らも実体験し、考える場を作れないかと考えました」と話します。現金での販売活動を行うことで、単なる「ごっこ遊び」ではない「稼ぐ感覚」を記憶してもらうことも狙ったものだといえそうです。

イベントのまとめでは、参加した子供たちから「仕入れの時には美味しさや値段にこだわった」「お菓子がきれいに見えるよう、明るい場所にお店を出した」「同じ値段にしないように工夫した」「声かけをしたらよく売れた」「お菓子を組み合わせてセット販売したら売れた」「他の店を見て値段を見直した」などという発表がありました。やりくりする難しさだけでなく、お金を稼ぐ喜びを皆一様に体験できたようです。

「スマホからお金が湧き出てくる」感覚に不安を覚える親たち

では、なぜ親たちは今回のイベントに参加させたのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。