現役世代こそ老後の備えを早めに考える

高齢者のお金事情を見ていきました。制度が拡充され、今後も働く方は増えていくでしょう。

今の高齢者の貯蓄事情を見る限り、十分に備えている方と老後資金のない方は二極化傾向にあることがわかります。

これは現役世代の貯蓄額にも見られる傾向です。退職金の制度も不明確な今、現役世代にとっても「定年退職後の働き方」は考えておく必要があるでしょう。

もちろん、リタイアして悠々自適に過ごすことも一つの選択肢です。そのためには、年金だけで不足する分の貯蓄が必要になります。

定年退職後の生活について、今のうちにしっかり考えておきたいですね。

参考資料