4. 老後の資金準備は「いまから」始める

ここまで70歳以上の貯蓄額と年金受給額について紐解いてきました。いずれにしても悠々自適なセカンドライフを過ごしたいと考える場合、公的年金だけに過度に期待をすることは避けたほうがよいと言えるかもしれません。

はたらき盛りの若いころから、効率よく老後資金の準備を進めていけると理想的と言えるでしょう。そこで検討をおすすめすることは、自分が働くのではなく、「お金に働いてもらう」、すなわち「資産運用」を活用することです。

「長期的に、毎月少しずつ」積立投資していく方法を取ることで、リスクの分散とリターンの安定に繋がります。

出所:金融庁「投資の基本」

「時間を味方につける」これが、資産運用の大切なポイントとなる為、「お金の準備」は、できるだけ早めにスタートできると良いと言えるでしょう。

充実したセカンドライフに向けたお金の準備を「いまから」はじめてみませんか。

参考資料