おわりに

年収600万円の世帯が負担する健康保険料を見ていきました。株式会社Hajimariの調査によると、フリーランスとして働く方の年収は800万〜1000万がボリュームゾーンとのことなので、さらに負担が高まるでしょう。

公的な制度は、本来国民の生活を支えてくれるものです。健康保険がなければ適切な医療が受けられない可能性もあります。

メリットを享受するためとはいえ、決して安くないのが国民健康保険料です。働き方を考えるときには、さまざまな制度や「負担を軽減する方法」を知っておきましょう。

参考資料