5. セカンドライフの資金は自分で作る

国民年金のみとなる自営業やフリーランスの人と比較した場合、安定したイメージのある厚生年金ですが、働き方やお給料の状況によっては、受給額はばらつきがあることもわかる結果となりました。

老後必要となる生活資金はひとぞれぞれです。とは言え、ある程度ゆとりを持ったセカンドライフを過ごしたいと考えれば、「自助努力」での資金の備えは必須と言えるかもしれませんね。

そこで検討をおすすめしたいことのひとつが、「資産運用」です。

資産運用と聞くと、「元本保証がないし、ちょっと怖い……」と感じる方も多いでしょう。

金融商品や資産運用には様々なものがあります。また、効率よくお金を育てていくためには、その中からご自身に合うものを見極める目が必要となるでしょう。

だからこそ、ひとりで悩まずに「お金のプロ」への相談を、1つの手段として活用されてみるとよいかもしれません。

自由気ままな退職後のセカンドライフを過ごすために、今から資産運用のはじめの一歩を踏み出してみませんか。

参考資料