会社員と公務員のボーナスについて、2022年夏はどのようになるのでしょうか。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2022年4月6日に発表した予想をもとに紹介します。

また、日本人の平均年収や、資産運用・投資でお金を増やすコツも解説します。

【注目記事】公務員で退職金「2000万円以上」もらう人、日本での"本当の割合"とは

1. 会社員のボーナス予想(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの予想によると、2022年夏の民間企業(調査産業計・事業所規模5人以上)のボーナスは前年比+1.0%と、コロナ禍の影響が一巡し、増加に転じる見通しとなっています。

ただし、順調に回復する企業業績、堅調な雇用情勢が追い風となるも、新型コロナ感染症の断続的な感染拡大、ウクライナ危機前から続く資源価格高による企業の負担コスト増が押し下げ要因となり、増加幅は限定的にとどまるとも予想しています。

ボーナスを支給される労働人口については、コロナ禍での業績悪化で支給を取りやめていた事業所での支給再開が見込まれることから、前年比+1.5%の4,102万人と増加することが見込まれています。

この結果、ボーナスの支給総額は前年比+2.4%の15.7兆円となるとしています。