「年収600万円」という響きに、みなさんどのようなイメージを持たれるでしょうか。国税庁の調べによると、日本人の平均年収は433万円です(※)。

この平均額を基準とすれば、「年収600万円」の人は、一般的には高収入であるとカテゴライズしてよさそうです。今日は、この「年収600万円」にフォーカスしていきます。

※「令和2年分 民間給与実態統計調査―調査結果報告―」

【関連記事】 厚生年金「ひと月30万円以上」受給する人の割合

続きを読む

「年収600万円超」の人は何割いるの?

国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査―調査結果報告―」から、各年間収入帯の給与所得者の構成比を見ていきます。「年収600万円超」の人は、男女それぞれどの程度いるのでしょうか。

給与階級別給与所得者数の構成比(2020年分)

全体:5244.6万人

  • 100万円以下:442万人(8.4%)
  • 100万円超200万円以下:722.6万人(13.8%)
  • 200万円超300万円以下:814.2人(15.5%)
  • 300万円超400万円以下:913万人(17.4%)
  • 400万円超500万円以下:764.3万人(14.6%)
  • 500万円超600万円以下:536.6万人(10.2%)
  • 600万円超700万円以下:339.5万人(6.5%)
  • 700万円超800万円以下:231.3万人(4.4%)
  • 800万円超900万円以下:145.3万人(2.8%)
  • 900万円超1000万円以下:95.2万人(1.8%)
  • 1000万円超:240.6万人(4.6%)

 

男子:3076.7万人

  • 100万円以下:112.2万人(3.6%)
  • 100万円超200万円以下:214.4万人(7.0%)
  • 200万円超300万円以下:352.5万人(11.5%)
  • 300万円超400万円以下:538.1万人(17.5%)
  • 400万円超500万円以下:531.1万人(17.3%)
  • 500万円超600万円以下:413.8万人(13.4%)
  • 600万円超700万円以下:282.1万人(9.2%)
  • 700万円超800万円以下:199.4万人(6.5%)
  • 800万円超900万円以下:127.6万人(4.1%)
  • 900万円超1000万円以下:86.3万人(2.8%)
  • 1000万円超:216.9万人(7.1%

 

女子:2167.9万人

  • 100万円以下:329.8万人(15.2%)
  • 100万円超200万円以下:329.8万人(23.4%)
  • 200万円超300万円以下:508.1万人(21.3%)
  • 300万円超400万円以下:461.7万人(17.3%)
  • 400万円超500万円以下:374.9万人(10.7%)
  • 500万円超600万円以下:231.2万人(5.7%)
  • 600万円超700万円以下:122.8万人(2.6%)
  • 700万円超800万円以下:57.4万人(1.5%)
  • 800万円超900万円以下:17.6万人(0.8%)
  • 900万円超1000万円以下:8.9万人(0.4%)
  • 1000万円超:23.7万人(1.1%)

男性で年収600万円を超えている方の割合は全体の29.7%、女性は10.6%です。

「男性だけ」で見ると、約3.3人に1人が年収600万円を超えています。一方「女性だけ」で見ると、年収600万円を超える人は約10人に1人。また、77.2%が年収400万円以下、つまり男女の平均を下回る結果となっています。

働く女性、そして女性管理職を登用をする企業も増えています。とはいえ、女性の中には、結婚や出産などをきっかけに働き方を変える人が多いのも実情。これが年収事情の男女差の背景の一つであることは確かでしょう。