30~40代のファミリー層にとって、子どもの送迎や通院、買い物やレジャーなどでの利用に便利な車。コロナ禍においては、密を避ける移動手段としても見直されつつあります。

一方で、近年は若者の車離れが叫ばれています。2021年10月29日に公表された、PIAZZA株式会社が都市部(東京都、神奈川県、大阪府、千葉県、愛知県、兵庫県など)に住む30〜40代の男女1088名(男性25%・女性74%)に行った「都市部30〜40代ファミリー層の自動車の所有やニーズに関する調査」によると、車を所有していない人は49%。

続きを読む

東京23区に絞ると、車を所有していない人は67%にのぼります。

今回は都市部ファミリー層の自動車事情や、年間の維持費の負担などを見ていきます。

自動車の所有台数。都市部、特に東京23区は?

先ほどの調査より、都市部ファミリー層の車の所有台数をみていきましょう。

自動車所有台数

全体

  • 1台:44%
  • 2台:6%
  • 3台以上:1%
  • 所有していない:49%

東京23区

  • 1台:30%
  • 2台:3%
  • 3台以上:1%
  • 所有していない:67%

それ以外

  • 1台:55%
  • 2台:8%
  • 3台以上:2%
  • 所有していない:35%

※地域SNS「ピアッザ」調べ

都市部全体で見ると、車を所有していないのは49%。しかし東京23区で67%、それ以外で35%と、同じ都市部でも地域によっておよそ30%の差があります。

東京23区で自動車を所有していない理由をみると、「公共交通で事足りる:81%」「購入費・維持費がかかる:74%」「利用頻度が少なくレンタカーやカーシェアで充足:51%」「駐車場事情:42%」などが見られました。公共交通機関が充実する一方で、購入費・維持費・駐車場事情など費用面での問題がみられます。

自動車所有者のうち、運転頻度は「ほぼ毎日:34%」「週に1〜2回:36%」「週に3〜4回:19%」。運転目的は多い順に「買い物:91%」「旅行・ドライブ:65%」「家族の送迎:52%」「通勤・通学:29%」。都市部でも買い物や旅行、送迎などで頻繁に車を利用されている方がいるようです。