多肉植物は本来、日光を好む植物ですが、今回紹介する多肉植物「ハオルチア」は屋内でも育てられる多肉植物です。

近年人気が高まっているハオルチアは、その葉の美しさが魅力。透き通るような葉をもつ種類もあり、まるで宝石のような美しさです。

手元に置いて、観葉植物のようにお世話できるところも人気の秘密。そこで今回は、人気の多肉植物「ハオルチア」についてご紹介します。

【関連記事】おしゃれでかわいい!ミニサイズの多肉植物5選、デスクに飾って楽しもう

続きを読む

人気の多肉植物「ハオルチア」とは?

  • ツルボラン科ハオルチア属
  • 原産地:南アフリカ
  • 開花期:2月~6月(種類による)
  • 参考価格:3号鉢で700円前後(種類による)

ひとくちに「ハオルチア」といっても、姿、形、色のニュアンスなど、実に様々。その種類は500以上とも言われています。

種類によっては、葉の先端部分に「窓」と呼ばれる半透明な部分があり、この窓の美しさで人気があります。

ハオルチアは他の多肉植物と比べても、肉質が厚め。まるで水晶のような姿をしているものや、光をあてると丸い大きな雫に見えるような形のものも。

ハオルチア愛好家は、この窓の美しさをキープするため大切にお世話をしているようです。

硬葉系と軟葉系

ハオルチアは大きく分けて、硬葉系と軟葉系があります。硬葉系は、葉が硬くシャープな形状が特徴です。

軟葉系は葉が柔らかく、葉先も丸かったり、独特の形をしていたり様々です。葉が透明になっている品種も軟葉系ならではです。

人気が高いハオルチアは、軟葉系の「ハオルチア・オブツーサ」。ビー玉を思わせるような丸くぷくっとした透明な葉が美しいのが特徴です。

同じく軟葉系の「万象」は、表面を平らに切ったようなユニークな形状をしており、葉先端の半透明の窓には模様があります。

硬葉系のハオルチアには、白い縞模様とシャープな葉が印象的な「十二の巻」や、大きさは様々ですが尖った葉先に半透明の窓が特徴的な「ハオルチア・レツーサ」などがあります。