貯蓄を見直し、これからを考えよう

今回は40~50代の貯蓄額と手取り収入からの貯蓄割合を見てきました。

収入や環境によっても異なりますが、ひとり暮らしであれば収入の10~20%ほどは貯蓄しておきたいところですね。まずは、日頃の出費と支出の見直しから始めてみましょう。

また、預貯金以外に「資産運用」を検討される場合、ご自身に合う金融商品や運用スタイルを見つけることが大切です。

セカンドライフの安心につながる「お金の準備」は早めのスタートがおすすめ。マネーセミナーなどを活用し、情報収集から始めてみましょう。

関連記事

参考資料