人生100年時代といわれるこんにち。総務省統計局の「人口推計」によると、60代以上の人口比率は35%にのぼります。

働くシニアを後押しする制度が整いつつありますが、老後を「60代以上」と捉える見方も一般的でしょう。となると40代~50代のみなさんは、そろそろ目前の出費だけではなく、老後を意識したお金の準備を始める時期、といってよいかもしれません。

そこでどうしても気になるのが、自分の同年代の貯蓄事情。さらに国立社会保障・人口問題研究所の調査では、2040年には単独世帯が4割に増えるという推計も。今回は、40代、50代のシングル世帯の貯蓄の中身を徹底検証していきたいと思います。

続きを読む

【関連記事】富裕層の人が自然とやっている「お金がどんどんふえる」行動

40~50代【シングル世帯】貯蓄はいくら?

では、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」から、40~50代・単身世帯の貯蓄事情をみていきます。

40歳代・単身世帯の貯蓄(金融資産を保有していない世帯を含む)

平均:666万円 中央値:40万円

  • 金融資産非保有:35.5%
  • 200万円未満:21.1%
  • 200~400万円未満:7.9%
  • 400~700万円未満:8.2%
  • 700~1000万円未満:4.3%
  • 1000~1500万円未満:5.5%
  • 1500~2000万円未満:3.6%
  • 2000~3000万円未満:2.5%
  • 3000万円以上:5.7%
  • 無回答:5.7%

50歳代・単身世帯の貯蓄(金融資産を保有していない世帯を含む)

平均:924万円 中央値:30万円

  • 金融資産非保有:41.0%
  • 200万円未満:15.2%
  • 200~400万円未満:6.8%
  • 400~700万円未満:8.1%
  • 700~1000万円未満:5.6%
  • 1000~1500万円未満:5.3%
  • 1500~2000万円未満:3.0%
  • 2000~3000万円未満:4.3%
  • 3000万円以上:7.6%
  • 無回答:3.0%

実は、40代・50代の方でも約6割の方は貯蓄200万円未満です。一方で、貯蓄1000万円以上は40代で17.3%、50代で20.2%と約2割。リタイヤ後の暮らしを視野に入れ、着々と貯蓄をしている方もいらっしゃいます。