住居費・教育費、そして老後資金。これらは「人生の三大出費」などと呼ばれますね。

筆者も含め、働く現役世代にとって「老後資金」をいつごろまでにどの程度準備すればよいのかは悩ましい部分でしょう。自分はどのくらい年金がもらえそうか、ある程度把握しておきたいですね。

老齢年金ってみんながお世話になるものなのに、その仕組みはちょっとわかりづらかったりします。そこで、今のシニア世代がどのくらい年金を受給しているかを確認したあと、公的年金の基本知識も整理します。

続きを読む

【関連記事】厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合

国民年金・厚生年金「みんなの年金額を教えて!」

まず、厚生労働省年金局「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」から、シニア世代の受給額事情を見ていきます。

国民年金「平均年金月額」

自営業やフリーランス、専業主婦などが受け取る「国民年金(基礎年金)」の年金額を見ていきます。

全体平均:5万5946円(男性:5万8866円・女性:5万3699円)

国民年金(基礎年金)の受給額分布

拡大する

男女差はさほど見られません。

厚生年金「平均年金月額」

会社員や公務員、私立学校の教職員などが受け取るのが「厚生年金」です。厚生年金の加入者は、第1号から第4号までの被保険者区分に分類されます。

ここでは「民間企業に勤務する人」が受けとる、厚生年金保険(第1号)の年金月額を見ていきます。なお、厚生年金保険(第1号)の年金月額には、基礎年金部分が含まれます。

全体平均:14万4268円(男性:16万4770円・女性:10万3159円)

会社員の「厚生年金」受給額分布

拡大する

男女差・個人差がみられます。