厚生労働省「厚生年金保険・厚生年金事業年報 令和元年度」によると、民間企業の会社員が受け取る厚生年金の平均額は14万4268円。では、この平均額を1人で受けとれている人はどのくらいいるのでしょうか。

年金制度にまつわる報道を連日のように見聞きしますが、「正直、年金だけではとても暮らしていけない」と感じる方は多いはず。今回は会社員の年金事情を深掘りしていきます。

【関連記事】50歳を超えてから「月30万円の不労所得」を作る4つの方法

続きを読む

年金の仕組みをおさらい

最初に「2階建て構造」などと呼ばれる、日本の年金制度の基本をおさらいします。

現役時代に加入する年金制度によって、老後に受け取る年金も変わります。厚生年金はサラリーマンが「上乗せ」で加入・受給する部分です。

1階部分「国民年金」:日本に住む20歳以上60歳未満の全員に加入義務
2階部分「厚生年金」:公務員や会社員などが「国民年金」に上乗せして加入

受給要件を満たしていた場合に老後に受け取る年金は、「国民年金」だけに加入していた場合は「老齢基礎年金」のみ、「厚生年金」に加入していた場合は「老齢基礎年金」+「老齢厚生年金」です。次で受給額事情を見ていきます。

国民年金の平均月額は?

さいしょに1階部分にあたる「国民年金(基礎年金)」の受給額を見ていきます。自営業・フリーランスなどの「第1号被保険者」や、専業主婦(主夫)などの「第3号被保険者」は、老後に「老齢基礎年金」を受け取ります。

【国民年金】平均年金月額

  • 全体平均:5万5946円(男性平均:5万8866円、女性平均:5万3699円)

平均額を見る限り、性別による差はわずかです。ただこれだけでは「どのくらいの人」が、「毎月、いくら」受給しているかは見えてきません。そこで「年金月額階級別老齢年金受給権者数」をもとに、受給額の分布を確認していきましょう。

【国民年金】年金月額階級別老齢年金受給権者数
~1万円未満…7万8940人・1万円以上~2万円未満…30万5498人・2万円以上~3万円未満…96万2046人
3万円以上~4万円未満…297万367人・4万円以上~5万円未満…470万5988人・5万円以上~6万円未満…766万5866人
6万円以上~7万円未満…1448万1778人・7万円以上…182万1629人


国民年金のボリュームゾーンは、「6万円~7万円未満」です。現在のご自身の生活水準を踏まえると、多くの方が老後資金をしっかりと準備しておく必要がありそうです。次で本題の「厚生年金」の受給額事情に触れていきます。