70歳から先を見据えたマネープラン。「老後の不安を解消するには?」

ここまで、70代から先のシニア世代の貯蓄と年金事情を眺めてきました。「公的年金といまの貯蓄だけで老後は大丈夫!」という世帯は多数派ではない、といえそうです。

そこで考えたいのが「老後のお金の不安」を解消するために、働き盛りの若いうちになにができるか。公的年金をアテにするのではなく、最低限の生活費である、という程度に捉え、老後への備えを進めていくという発想もアリかもしれません。自助努力で老後資金を備えていくという視点です。お金に働いてもらう「資産運用」もその方法の一つ。

少額からの積立て投資を後押しする国の税制優遇制度、「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」や「つみたてNISA」の活用を検討してもよいかもしれませんね。いずれも老後資金の準備をスタートさせる最初の一歩として、使いやすいしくみといえそうです。

資産運用のポイントの1つは「時間」です。運用期間が長いほど、リスクが軽減しリターンが安定してきます。複利の力を借りて、雪だるま式に資産を増やしていくことにも繋がります。

充実したセカンドライフに向けたお金の準備を「いまから」はじめてみませんか。

関連記事

参考資料