70代といえば、仕事をしている方はほとんどいなくなり、主な収入源は年金になってくる年代です。

「人生100年時代」といわれる現代では、70代でもあと30年ほどの人生が待ち受けています。70代を過ぎてからの貯蓄は、生活の安心感に直結するものといえるでしょう。

しかし現実は、70代シニアの中には貯蓄がゼロという世帯もいます。

そこで本日は、70代以上世帯の貯蓄状況に着目しつつ、証券会社でファイナンシャルアドバイザーとしてお客様の資産運用に携わってきた経験を踏まえて、FPの立場から心細い老後にならないための人生100年時代の老後準備についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

【関連記事】【国民年金・厚生年金】「正社員の夫とパートの妻」平均額は約25万円

70代以上の平均貯蓄額はいくら?

ではまず、70代以上の世帯にどのくらい貯蓄があるか、見ていきましょう。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」によると、70歳以上世帯の貯蓄額は下記の通りです。

70歳以上・二人以上世帯「金融資産保有額」(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 平均:1786万円
  • 中央値:1000万円

70代以上の貯蓄額は、平均1786万円、中央値1000万円という結果になりました。

平均値と中央値に関しては、順番に数値を並べて真ん中にきた数値である中央値の方が実態に近いといわれています。そのため、中央値の1000万円が実状に近いと言えるでしょう。

2019年には老後に年金以外に2000万円が必要と話題になりましたが、「人生100年時代」から考えると、70代で貯蓄1000万円は少し心もとないといった印象ではないでしょうか。

70代の貯蓄事情について、もう少し詳しく見ていきます。