ここ数年で「おひとりさま」という言葉を耳にすることが増えてきました。ひとりで行動するのは気楽な面もありますが、「老後」をひとりで過ごすとなるとどうでしょう。

老後、「おひとりさま」だと健康の心配やお金の心配がでてきますよね。ひとりでほんとうにやっていけるのか、不安を感じる方も多いでしょう。

そこで、今回は「おひとりさまの年金事情」についてふれながら、おひとりさまの老後について考えていきたいと思います。

続きを読む

【関連記事】厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合

男女別!厚生年金のひと月の受給額は?

日本の年金制度は2階建てとなっており、1階部分が「国民年金」。自営業や専業主婦の方などは国民年金を受給します。

一方の2階部分は「厚生年金」といって、会社員や公務員などが国民年金に上乗せして受け取れる年金です。

ここでは、厚生労働省年金局の「厚生年金保険・国民年金事業年報 令和元年度」を元に、男女別の厚生年金の受給額をみていきましょう。

厚生年金保険(第1号)【男性】年金月額階級別老齢年金受給権者数

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5万円~10万円未満:97万6724人
  • 10万円~15万円未満:261万3866人
  • 15万円~20万円未満:436万9884人
  • 20万円~25万円未満:224万9128人
  • 25万円~30万円未満:28万8776人
  • 30万円以上:1万7626人

厚生年金保険(第1号)【女性】年金月額階級別老齢年金受給権者数

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5万円~10万円未満:234万1321人
  • 10万円~15万円未満:218万2510人
  • 15万円~20万円未満:41万2963人
  • 20万円~25万円未満:6万3539人
  • 25万円~30万円未満:4166人
  • 30万円以上:379人

厚生年金の平均年金月額

  • 男性:16万4770円
  • 女性:10万3159円

厚生年金の保険料は収入によって納める金額も異なるため、受給できる年金額も収入によって大きく異なります。

男性の平均年金額は約16万円、女性は約10万円。

老後おひとりさまで年金だけで生活をするとなった場合、毎月の収入が10~16万円で生活をするとなると厳しいでしょう。

また、上記の年金受給額は現在のシニア世代の方が受け取っている金額ですので、今後私たちが年金を受取るときはさらに下がることも十分に考えられます。

老後は年金だけに頼るでなく、年金以外の老後資金の準備が必要と言えそうです。