【男女別】平均年収400万円台は何割?その他の年収帯もチェック

Andy Dean Photography/shutterstock.com

copy URL

国税庁が2021年9月29日に公表した「令和2年分(2020年)分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者数5245万人の平均給与は433万円(前年比0.8%減)でした。この金額を見て、みなさんは多いと感じましたか、それとも少ないと感じたでしょうか。

男女別の平均給与をみると、男性532万円(同 1.4% 減)、女性293万円(同1.0%減)。男女差でみれば、約230万円もの差があるのですね。

それでは平均給与400万円台は、男女で見るとどれくらいの割合を占めるのでしょうか。その他についても、男女別の年収の構成比をながめていきましょう。給与の違いが年金にも通じる点についても確認していきます。

続きを読む

【関連記事】厚生年金、女性は「月10万円未満」が約50%。男女差はどれくらい?

男女別!給与段階別の構成比をチェック

同調査を元に、給与段階ごとにその割合をみていきましょう。

まずは給与所得者数と男女別の平均給与です。

給与所得者:男性3077万人/女性2168万人
平均給与:男性532万円/女性293万円

給与所得者数は、男女別にみると男性で3077万人(44万人増加)、女性で2168万人(55 万人減少)となりました。

次に、給与段階別の構成比を男女別に見ていきましょう。

給与段階:構成比(男性/女性)

  • 100万円以下:3.6%/ 15.2%
  • 100万超 200万円以下:7.0%/ 23.4%
  • 200万円超 300万円以下:11.5%/ 21.3%
  • 300万円超 400万円以下 :17.5%/ 17.3%
  • 400万円超 500万円以下 :17.3%/ 10.7%
  • 500万円超 600万円以下 :13.4%/ 5.7%
  • 600万円超 700万円以下 :9.2%/ 2.6%
  • 700万円超 800万円以下 :6.5%/ 1.5%
  • 800万円超 900万円以下 :4.1%/ 0.8%
  • 900万円超 1000万円以下 :2.8%/ 0.4%
  • 1000万円超 1500万円以下 :5.2%/ 0.7%
  • 1500万円超 2000万円以下:1.1%/ 0.2%
  • 2000万円超 2500万円以下:0.4%/ 0.1%
  • 2500万円超:0.4%/ 0.1%

平均年収である400万円台は、男性で17.3%、女性で10.7%。

男女別に多い順を見てみると、男性は「300万円超 400万円以下」「400万円超 500万円以下」「500万円超 600万円以下 」「600万円超 700万円以下」。300~700万円台で推移しています。

一方の女性では、「100万超 200万円以下」「200万円超 300万円以下」「300万円超 400万円以下」「100万円以下」。400万円以下で推移していることが分かりますね。

平均給与は400万円台ですが、女性はそれよりも低いことがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。