「65歳以上・リタイア世帯」貯蓄は老後2000万円をクリアしているか

fizkes/shutterstock.com

copy URL

人生の三大資金には「住宅資金」「教育資金」、そして「老後資金」があります。

住宅資金と教育資金は「いくら貯めればいいか」というのは明確ですが、老後資金だけは「いくら貯めればいいかよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。今の現役世代の方は「何歳まで生きるか分からない」「年金だけで生活できないって本当?」など、老後に対してさまざまな不安を抱えていますよね。

そこで今回は、もう既にリタイアして年金を受け取っている65歳以上の方の貯蓄事情について見ていきながら、大切な老後のライフプランを考えていきたいと思います。

続きを読む

65歳以上、リタイア世帯の貯蓄額は?

さっそく65歳以上の世帯の貯蓄額を見ていきましょう。総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上の世帯)」による、65歳以上・無職世帯の貯蓄額とその内訳は下記のとおりです。

世帯主が65歳以上無職世帯(2020年)

貯蓄現在高:2292万円

(内訳)

  • 通貨性預貯金:618万円
  • 定期性預貯金:920万円
  • 生命保険など:397万円
  • 有価証券:348万円
  • 金融機関外:9万円

上記のデータから、65歳以上の世帯は安全性の高い預貯金を中心に2000万円以上の貯蓄を保有しており、老後の生活には困らないように見受けられますね。

しかし、この「貯蓄2000万円」をクリアしている世帯は実際どのくらいいるのでしょうか。

次の項で詳しくみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。