年収600万円台「本当の貯蓄」はいくら? ~老後資金を貯めるコツ~

Puttachat Kumkrong/shutterstock.com

copy URL

みなさんは「年収600万円」と聞くと、どのような印象を持たれますか。

先日、国税庁が公表した「民間給与実態統計調査」によると、会社員の平均年収は2年連続でマイナスとなり、令和2年度の平均給与は433万円でした。

【関連記事】年齢別・イマドキ会社員の平均給与はいくら?(2020年)

単身世帯の年収600万円であれば、「生活に余裕がある」といったイメージでしょうか。一方で、夫婦合わせて年収600万円世帯はというと、また違った印象を持つ方も多いかもしれません。

続きを読む

今回は、証券会社でファイナンシャルアドバイザーとしてお客様の資産運用に携わってきた私から、「年収600万円世帯」に焦点をあてて、そのお財布事情をご紹介していきたいと思います。

年収600万円世帯の貯蓄状況

それでは、総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上の世帯)」から、年収600万円世帯の貯蓄状況を見てみましょう。

【年収600~650万円】二人以上・勤労世帯の貯蓄

  • 平均年収:622万円
  • 平均貯蓄額:1209万円

【貯蓄の内訳】

金融機関:1177万円

  • 通貨性預貯金:412万円
  • 定期性預貯金:376万円
  • 生命保険など:263万円
  • 有価証券:126万円

金融機関外:32万円

【年収650~700万円】二人以上・勤労世帯の貯蓄

  • 平均年収:672万円
  • 平均貯蓄額:1229万円

【貯蓄の内訳】

金融機関:1191万円

  • 通貨性預貯金:405万円
  • 定期性預貯金:316万円
  • 生命保険など:330万円
  • 有価証券:140万円

金融機関外:37万円

年収600万円世帯は、およそ1200万円の貯蓄を保有していることがわかります。

貯蓄1000万円以上というと、多くの世帯で計画的に貯蓄が出来ているように見えるかもしれませんね。しかしながら、ここで見落としがちなのが「負債額」です。

仮に、貯蓄が1000万円あったとしても、負債が1000万円以上あれば、その家庭は「赤字」ということになります。

家計の状態をきちんと知るには、銀行口座の残高だけでなく「純貯蓄額(貯蓄―負債)」を把握する必要があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
岡崎 泰輔

大阪学院大学経済学部卒業後、東洋証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、主に個人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約9年間従事する。特に米国株、中国株の提案を得意とし、豊富な金融知識を活かした顧客ニーズに沿う提案が強み。表彰歴多数。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。