60代のうち「金融資産保有世帯」の貯蓄額は?

では金融資産保有世帯のみで構成された貯蓄額をみてみましょう。

60歳代(金融資産保有世帯)金融資産保有額分布

「金融資産を持っている世帯」だけに絞ると……

拡大する

違いはどうでしょう。

100万円未満:4.3%・100~200万円未満:4.9%・200~300万円未満:4.9%
300~400万円未満:4.0%・400~500万円未満:4.9%・500~700万円未満:6.5%
700~1000万円未満:9.2%・1000~1500万円未満:9.2%・1500~2000万円未満:7.7%
2000~3000万円未満:16.3%・3000万円以上:24.0%
無回答:4.0%

平均:2154万円・中央値:1465万円

先程の60歳代全体と比べ、金融資産保有世帯のみの平均は2000万円超えとなり、中央値に限っては約2倍以上となっているのがわかります。

ちなみに金融資産保有世帯の20歳代~70歳代以上まで各年齢層別で見ると、60歳代は100万円未満の割合が4.3%と一番少なく、また2000万円以上は40%超となっています。

各年齢層の中では、格差の少ない富裕層に該当します。では、金融資産の内訳も見ていきます。

60歳代金融資産保有額の内訳

金融資産保有世帯のみ

金融資産保有額:2154万円

  • 預貯金:1184万円
  • 金銭信託:6万円
  • 生命保険:353万円
  • 損害保険:49万円
  • 個人年金保険:165万円
  • 債券:56万円
  • 株式:178万円
  • 投資信託:118万円
  • 財形貯蓄:33万円
  • その他金融商品:13万円

「持てる世帯」と「持たざる世帯」の決定的な違いはどこにあるのでしょうか。次で解説していきます。