年収500万円世帯「子ども2人の教育費」平均どのくらい?

smolaw/shutterstock.com

copy URL

国税庁が2021年9月21日に公表した「令和2年(2020年)分 民間給与実態統計調査」で示された、1年間を通じて勤務した給与所得者の平均年収は約433万円(男性532万円、女性293万円)。

また、厚生労働省の「2019年 国民生活基礎調査」では、1世帯当たりの平均所得金額は552万円(中央値は437万円)とされています。また、児童のいる世帯の平均児童数は1.68人。

そんな結果を踏まえて、今回は「年収500万円世帯」の教育費事情について、文部科学省の統計をもとに見ていきます。

続きを読む

「年収500万円世帯」年間の教育費はどのくらい?(文科省データより)

まず、子ども1人にかかる教育費はどのくらいになりそうでしょうか。

文部科学省の「平成30年度(2018年度) 子供の学習費調査」では、保護者の年収ゾーンごとの「1年間の学習費総額(学校教育費、学校給食費及び学校外活動費の合計)」が公表されています。

同調査結果の概要(表10-1)より、「年収400万~599万円」世帯の学習費総額の平均を抜粋していきます。

幼稚園

公立:21万4000円
私立:45万6000円

小学校

公立:25万8000円
私立:120万6000円

中学校

公立:43万5000円
私立:130万円

高等学校(全日制)

公立…40万6000円
私立…82万1000円

公立と私立の差は、幼稚園から高校を通じて常に2倍以上です。お子さんが2人きょうだいであれば教育費も2人分に。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。