70代世帯の「貯蓄格差」は想像以上。どう対策する?

Happy monkey/shutterstock.com

copy URL

「人生100年時代」と言われる今の世の中。70代でも健康で活発に老後の生活をエンジョイされている方も多いのではないでしょうか。

私はこれまでファイナンシャルアドバイザーとして、多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当させて頂きました。医療の技術も進歩して長寿化し、リタイア後の生活を長く楽しめる世の中になってきたのは喜ばしいことです。

しかし寿命の長寿化に伴い、「お金の寿命」の長寿化も必要な世の中になってきました。

続きを読む

今回は、今の70代の方がどのくらい貯蓄をされていて、どのくらいの資金があれば余裕ある老後を過ごせるのかについて話していきたいと思います。

70代、みんなの貯蓄額はどれくらい?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査(令和2年)]」によると、70代の貯蓄額(金融資産保有世帯)は下記のとおりです。

70代の金融資産の保有額(金融資産保有世帯)

  • 平均値:2208万円
  • 中央値:1394万円

平均値とは、一部の極端に大きな数値に引っ張られて実態より数値が大きくなりがちです。一方で、中央値は数値を小さい順から並べてちょうど真ん中にくる数値を指すためより、実態に近いと言えます。

中央値で見ると、1394万円と1000万円を超えていますね。

では、次に金融資産保有額の分布を同調査を元に見ていきます。

100万円未満:5.3%・100~200万円未満:5.1%・200~300万円未満:3.2%・300~400万円未満:3.7%・400~500万円未満:3.2%・500~700万円未満:8.0%・700~1000万円未満:7.7%・1000~1500万円未満:14.6%・1500~2000万円未満:9.8%・2000~3000万円未満:12.8%・3000万円以上:23.4%・無回答:3.2%

2019年に話題になった、「老後2000万円問題」をクリアしている人の割合は36.2%です。

約2.7人に1人が2000万円問題をクリアしていると思うと、そこまで老後資金を焦って準備しなくても何とかなるのかな?と、少し安心した人もいるのではないでしょうか。ただ、もう少し詳しく実態をみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。