2020年度の医療費42.2兆円 1人当たりは33.5万円に

Marshii.P9/shutterstock.com

copy URL

医療技術の発展などにより、人生100年時代と言われる今日。

財務省によると、2022年度以降、団塊の世代が65歳となり、基礎年金の受給がはじまることなどから、社会保障の給付金は増大することが見込まれています。

さらに2025年には、65歳以上の人は約3600万人となる見込みです。

逆に、20~64歳人口は急速に減少し、2040年以降も減少が続くことが見込まれています。高齢者が増え続ける一方で、それを支える現役世代は減っていくのです。

続きを読む

こうした状況を踏まえ社会保障、とりわけ費用の大きい医療分野をどう見直していくかが喫緊の課題となっているのです。

そこで今回は医療費の現状について、解説していきます。

医療費40兆円超も前年比マイナスに

まず、厚生労働省が2021年8月31日に公表した「令和2年(2020年)度 医療費の動向」から、医療費全体のデータを眺めていきます。

2020年度の医療費

  • 75歳未満:23.5兆円

【内訳】

 ・被用者保険:13.0兆円
 ・国民健康保険:10.5兆円

  • 75歳以上:16.6兆円
  • 公費:2.1兆円

総額:42.2兆円

医療費は全体で42.2兆円となりました。前年度より▲3.2%(▲1.4兆円)のとなっています。これはコロナ禍の影響で受診を控える人が多かったことが影響していそうです。

では、1人当たり医療費の伸びについてもチェックしていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 齊藤 慧
  • 記者/編集者/元Webマーケター

中央大学法学部出身。大学卒業後、一部上場大手IT企業を経て、2013年からは厚生労働省の記者クラブにて、医療や介護などの社会保障を取り扱う専門紙の新聞記者として約3年勤務。主な取材先は厚生労働省や財務省などの関連省庁や国会議員など。高齢者の医療・介護保険の普及のために、難解な制度をわかりやすくまとめて発信。その後、GMOインターネットグループや弁護士ドットコム株式会社をはじめとする複数のIT企業にて、経営者向けメディア、バックオフィスや弁護士、税理士など士業向けの転職支援メディア、ITガジェット系のウェブメディアなどのオウンドメディアの立ち上げを経験。編集畑での10年以上のコンテンツ経験を活かすべく、現在はLIMO編集部所属。