【スシロー】異色の力作、うどんにたこ焼き…美味しいの? - ユニークな組み合わせが気になる実食レビュー

copy URL

近所のスシローにフラフラと寄ってみたところ、気になる商品が発売されていました。その名も『たこ焼きうどん』。8月25日から「全国うまいもん市」シリーズのひとつとして提供されている商品で、価格は税込で330円。

「粉もの炭水化物」に「粉もの炭水化物」をインしたチャレンジングな商品…?かと思いきや、大阪では見かける食べ物だそうで、インターネットの料理サイトには沢山のレシピが。お好み焼きをおかずに白米を食べる風習も存在することですし、意外とアリなのかもしれない…そんなことを考えていると、手が無意識に注文ボタンを押していたのでした。

拡大する

たこ焼きうどん

公式サイトからはすでに存在が消去されており、カロリーや原材料などの詳細は不明。しかも「全国うまいもん市」自体が“売り切れ御免”のサドンデス・キャンペーンなので、もしお近くのスシローで提供終了していたら申し訳ないのですが、せっかくユニークで目をひいたので今回ご紹介できればと思います。

拡大する

「ほんまでっか?大阪名物」と自問自答するたこ焼きうどん。スシローの麺類って美味しいんですよね…

それでは早速、いただいてみましょう!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。