「スマホでゲームやらせて」子どものお願いを、まさかの方法でブロック?漫画にツイッターで注目【育児あるある】

copy URL

「スマホやタブレット、どのくらいの時間、どこまで子どもに許すのか」きっと今、多くのご家庭で議論になっていることと思います。オチョのうつつさん(@ochonoutsutsu)がツイッターに投稿した、子どもがスマホに触りすぎないためのまさかの対策?が注目されていました。

「スマホでゲームやらせて」

ある日、ソファでくつろぐオチョのうつつさんのところに、小学4年生のお子さんが「ママ~スマホでゲームやらせて~」とお願いにやってきます。間髪入れずに「やだ」と拒否したのですが…。

次の瞬間!一瞬のスキを突いて顔認証を突破しようと、スマホをかざすお子さん!しかしオチョのうつつさん、負けじと素早い変顔で対抗です!スマホにロックをかけるための顔情報の登録は、真顔でおこなうのが普通です。そんなセキュリティを活用した見事な変顔といえそうです。

お子さん、結局顔認証は突破できなかった様子。「ちょっと~顔認証させてよ~ヘンガオやめて~」といいつつ思わず笑ってしまいます。「ははは」と余裕のオチョのうつつさんでしたが…。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。