70歳から先の貯蓄事情「4000万円超」の世帯は何割か

KY726871/shutterstock.com

copy URL

総務省統計局が2021年5月に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2020年(令和2年)平均結果―(二人以上の世帯)」によると、二人以上世帯の貯蓄現在高の平均値は1791万円で、前年より36万円増えています。また、負債現在高の平均値は572万円で、前年より2万円増えています。

バブル期のいわゆる「いい時代」にキャリアのピークを迎えた方も多いシニア世代。貯蓄や年金の面で、今の現役世代よりも「恵まれている」ようなイメージを持たれることもあるかもしれません。

続きを読む

老後、とりわけ70代を過ぎてからの貯蓄は、生活の安心感を大きく左右するものです。今回は同調査の結果より、70歳以上世帯の貯蓄額を眺めていきます。

70歳以上世帯の平均貯蓄額は?

前述の総務省統計局の資料によると、70歳以上・二人以上世帯の貯蓄・負債の平均は以下のとおりです。

70歳以上世帯の貯蓄

  • 貯蓄現在高:2259万円
  • 負債現在高:86万円

70歳以上の貯蓄額は、全体における平均値より468万円多いですね。貯蓄から負債を差し引いた「純貯蓄額」は2173万円です。

ちなみに、一つ若い世代である60歳代世帯の純貯蓄額は2142万円でした。この2つの世代を単純に比較することはできませんが、70歳以降も、大幅に貯蓄を切り崩すことなく暮らしている世帯は一定数存在する、という点は確かであるといえそうです。

次では、70歳以上・二人以上世帯の貯蓄の「中身」について、さらに深くみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。