「退職金少なめ」の人は、老後にどう備えればよいか

copy URL

退職金「1000万円」もらうには、勤続何年必要か?

ここから先は、日本経済団体連合会「退職金・年金に関する実態調査結果」(2018年9月度)から、「標準者退職金(※)」を学歴・勤続年数別にみていきます。

※標準者退職金:学校卒業後直ちに入社し、その後標準的に昇進・昇格した者を対象に算出

【総合職】勤続年数別の退職金〈大学卒〉

  • 1年:24万9000円
  • 3年:65万8000円
  • 5年:126万7000円
  • 10年:307万9000円
  • 15年:488万円
  • 20年:809万4000円
  • 25年:1181万7000円
  • 30年:1629万8000円
  • 33年:1959万9000円
  • 35年:2038万1000円
  • 38年:2255万8000円

【総合職】勤続年数別の退職金〈高校卒〉

  • 1年:19万1000円
  • 3年:44万5000円
  • 5年:78万6000円
  • 10年:191万7000円
  • 15年:358万2000円
  • 20年:578万7000円
  • 25年:895万1000円
  • 30年:1222万円
  • 33年:1561万9000円
  • 35年:1781万8000円
  • 38年:1850万9000円
  • 42年:2037万7000円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
吉田 奈都子

大阪体育大学卒。中学~大学とサッカー部に所属。社会人女子ラグビー経験もあり、日本代表候補選出歴のあるスポーツウーマン。引退後は日本生命保険相互会社にて、保険商品の提案業務など金融営業経験を積み、採用・育成担当としても一度に約100名の指導経験をもつ。前職のゴンチャジャパンでは新規店舗の立ち上げに携わるなど、フットワークの軽さが持ち味。現在は個人向け資産運用会社にて、マネーに関するコンサルティング業務を行っている。AFP(Affiliated Financial Planner)