「年金、いくらもらえる?」国民年金・厚生年金みんなの平均

~受給額はこうして確認!~

AlisaRut/shutterstock.com

copy URL

公的年金はセカンドライフを支える大切な収入源となりますが、ご自身はどのくらいもらえそうか、把握できていますか?

「年金だけでは生活ができないかも…」と漠然とした不安を抱えている方は、受け取れる年金額を知り、備えることで不安を解消できるかもしれません。

この記事では、現在の国民年金・厚生年金の受給額の状況を眺めつつ、年金受給額の確認方法についても解説していきます。

国民年金・厚生年金の平均受給額

年金の支給額は賃金や物価の変動率を元に毎年見直しが行われます。

続きを読む

自分たちが老後を迎える時期に同じような金額とは限りませんが、いまのシニア世代の方がいくら年金を受け取っているかは老後の生活をイメージする上で参考になるでしょう。

まずは、厚生労働省年金局の「令和元年(2019年)度厚生年金保険・国民年金事業の概況」より、実際の国民年金・厚生年金の平均受給額を見ていきます。

国民年金の受給額

まずは、自営業・フリーランス・専業主婦(主夫)の方などが受け取る、国民年金の受給額についてみていきます。

平均年金月額 5万5946円

  • 男性平均 5万8866円
  • 女性平均 5万3699円

<受給額ごとの分布>

  • 1万円未満:7万8940人
  • 1万円以上2万円未満:30万5498人
  • 2万円以上3万円未満:96万2046人
  • 3万円以上4万円未満:297万367人
  • 4万円以上5万円未満:470万5988人
  • 5万円以上6万円未満:766万5866人
  • 6万円以上7万円未満:1448万1778人
  • 7万円以上:182万1629人

国民年金の受給額は、男女で大きな差はありません。国民年金の保険料は一律で、令和3年度の満額の受給額は6万5075円(月額)です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。